更年期に伴う生活習慣病を予防するパワーヘルス効果

更年期は女性ホルモンのバランスの減少により、45歳から55歳くらいで迎えると言われています。肩こりや頭痛、めまいやほてり、その他精神的な症状によるうつを引き起こすこともあります。更年期症状には、人それぞれ個人差があります。一般的に、真面目な性格や、内向的な人は更年期も症状がひどくなることもあります。若いころの無理なダイエットが症状を悪化させてしまう原因ともいわれています。更年期を迎えると、イライラや涙もろくなったり、体はさまざま変化していき、少しずつ老化していきます。またこの時期には、生活習慣病にもなりやすくなります。ホルモンのバランスが崩れ、女性ホルモンが減っていくためです。この為、予防として、漢方を服用したり、イソフラボン、豆乳を毎日とるといいとされています。また体の調子を整えるパワーヘルスも注目されています。運動や食事に気を付けて、楽しい生活を送っていくことが大事です。更年期を迎えると、エストロゲンの影響により、女性ホルモンの減少によって肥満になりやすくなります。基礎代謝も落ちるので、若いときと同じ食事をしていては、体重も増えます。そのため、定期的な運動を続けることが大切です。有酸素運動、水泳、ウオーキングなど、無理のない程度で行う運動がよいとされています。生活習慣病になると、高血圧、高脂血症、糖尿病を発症する確率も高くなります。更年期を迎えたら、意識して生活習慣病にならないような生活を送ることが大切です。パワーヘルスは片頭痛や、肩こりや、不眠、女性特有の不定愁訴にも効き目があるとされています。マイナスイオンとプラスイオンのバランスを整えながら、パワーヘルスを生活の中に取り入れていくことも注目されています。